交通事故の賠償金


交通事故で後遺障害をおってしまった場合、後遺障害に対する賠償金を請求することは大切です。問題は疼痛性感覚異常CRPS,RSDと言った後遺障害に対しては保険会社ともめる可能性があるので、不安な人も多いでしょう。疼痛性感覚異常に認定について、良くトラブルになるのは交通事故との因果関係についてです。被害者としては、交通事故以前にはなかった痛みや変化があるのだから、後遺障害として認められるべきだと考えるのも当然でしょう。しかし保険会社の言い分としては、交通事故との因果関係です。つまり精神的な問題でではないのかという主張をして来ます。医学的知識がない人だけではなく、疼痛性感覚異常については医師でも判断が異なるということもあって、問題を難しくしているのです。

医師の診断では疼痛性感覚異常だけではなく、後遺症も含めてきちんと賠償金を支払ってもらうためには何をすれば良いのでしょうか?等級についても賠償金の支給額に大きく関係してきます。専門知識がないため、保険会社の言い分をすべて聞いていると、等級が下がってしまう可能性も否定できません。特に疼痛性感覚異常の場合は、判断が難しいため、すぐに等級が判断できない場合も少なくないのです。この等級に関しては、医師の診断が重要なポイントになります

等級に関しても保険会社と認める、認めないという問題に発展することが多い問題です。後遺障害にも複数あり、自分がどれに当たるか判断は難しいことがたくさんあります。そんな時に助けになってくれるのが弁護士という存在です。交通事故の後遺障害は人生を大きく変える原因の1つになります。だからこそ適切な判断により、正しい額の賠償金を支払ってもらわなければなりません。当サイトでは、そのために何をどう考えれば良いのかについて解説します。


関連記事

  1. 疼痛性感覚異常とは
  2. 疼痛性感覚異常の症状
  3. 等級決定が困難