疼痛性感覚異常とは


交通事故の後遺障害は複数種類あります。例えば疼痛性感覚異常(CRPS、RSD)は良く知られています。しかし疼痛性感覚異常は保険会社との示談交渉で対立することが少なくありません。その理由を理解しておけば、保険会社との示談交渉でも弱気にならなくて済みます。

交通事故に被害者となれば後遺症が生じることも珍しくありません。後遺障害については等級があり、1級から14級という段階に分けられているのです。この中でも一番重いのは1級であり、軽いのは14級となります。しかしこの14級の中でも細かく分けられ、100種類以上あるのです。疼痛性感覚異常なども部位や症状により等級が変わって来ます。

弁護士つまり正しく認定されなければ賠償金が少なくなる、下手をすれば受け取れなくなる可能性があるので注意しなければなりません。特に疼痛性感覚異常(CRPS、RSD)などの症状は医師でも正確な診断が困難とも言われています。疼痛性感覚異常の症状としては疼痛や灼熱痛、腫脹、関節拘縮や皮膚の変化などが代表的です。このような症状が出た場合はすぐに病院へ行き継続して治療を行うように心がけましょう。疼痛性感覚異常は継続的な治療が認定されるかどうかのポイントになることも多いからです

保険会社は交通事故による疼痛性感覚異常は、交通事故ではなく精神的な要因により起きていると主張して来る場合があります。その時、医師の診断が重要視されるのです。そのため疼痛性感覚障害があるなら、継続して医師の治療を受ける必要が出て来るのです。保険会社は被害者ではなく企業の利益も考えます。疼痛性感覚異常を含めた後遺障害について認めてくれないケースもあります。疼痛性感覚異常は交通事故直後ではなく、時間が経過して生じる場合もあるからです。結果、本来もらえるはずの賠償金額が減少するのは納得できない話でしょう。そのため疼痛性感覚異常は弁護士を味方につける必要があるのです。


関連記事

  1. 交通事故の賠償金
  2. 疼痛性感覚異常の症状
  3. 等級決定が困難