等級決定が困難


後遺障害の等級についてはどのように決められるのでしょうか?特に疼痛性感覚異常は難しい面が多いです。しかし保険会社の言い分をすべて受け入れていると、等級が下がり、後遺障害賠償金の金額が下がる可能性もあるので知っておいた方が良いでしょう。疼痛性感覚異常を含めた後遺障害を認定してもらうには交通事故に遭遇した時、医師の診断を受けることが大前提です。また、継続して治療を受けることが肝心です。もし治療をしていない期間があると、示談交渉の際には交通事故と関係について疑われる可能性があるからです。そのため通院もリハビリも継続が重要となります

後遺障害後遺障害は保険会社との間で裁判になるケースも多いです。問題は交通事故との因果関係や心理面での部分です。判例では、RSDが精神的な素因により生じていると認められないというものもあります。しかしRSDとして認められなかった判例もあるのです。そのため後遺障害は専門的な医師による継続的な治療が必要となります

後遺障害の認定において、保険会社と対立関係になることは少なくありません。特に保険会社は心因的な問題であって、交通事故との因果関係はないと主張することが多いです。疼痛性感覚異常も含め後遺障害として認めてもらうためには、継続的に治療を受けるのはもちろん交渉関係について弁護士に相談することが大切と言えるでしょう。


関連記事

  1. 交通事故の賠償金
  2. 疼痛性感覚異常とは
  3. 疼痛性感覚異常の症状